以下のことに注意してください

何となく手を出しにくい感じがする副業ですが、20代女性の約3割は副業を経験しているとの統計が出ているそうです。

 

本業以外で収入を得るのって、何だかタブーな気がしますよね。でも言い方を“サイドビジネス”に変えちゃえば、何となくカッコいい感じがします。

 

 

本業はおろそかにせず、時間が空いた時だけ働いて収入を得る。日々の生活が豊かになるのなら、この時期から副業をスタートしてみても良いかもしれません。じゃあ早速副業をやってみよう!と、勢いだけでスタートするのはNGです。まず副業するにあたり、注意すべきことをしっかりと把握しましょう。

 

 

就業規則を確認する

もしも自分の就業場所が副業を一部認めているのなら、副業を気楽に始めても良いでしょう。但しどの範囲での副業が許されているのか、しっかりと把握しておくべきです。副業が全面禁止の場合、最悪バレた場合の処分内容を事前に細かくチェックしておく事をお勧めします。

 

本業とは異なる分野でチャレンジ!

例えば、本業で得た顧客情報やノウハウを流出させてしまうと、会社的にも自分的にも大きなリスクとなります。何かトラブルが起きた際、疑いの目が向けられてしまう可能性は十分あります。少しでも疑いの目を遠ざける為にも、本業とは異なる分野を選びましょう。

 

本業で使用するパソコンは使わない、備品も同様に使わない

本業で使用する為に支給されたパソコンを副業で使うと、本業にバレてしまう恐れが高まります。文具も同様で、最悪の場合は罰則の対象にもなり兼ねないのでご注意を。

確定申告は慎重に行う

本業と副業の住民税が本業の給料から天引きされ、その額が増えている事に会社側が気づけば副業がバレてしまいます。つまりポイントは確定申告の際の「住民税」です。役所に確認し、自分で副業分は納付する“普通徴収”を選択しなければいけません。確定申告の日なども事前に確認しておいて下さい。

 

これらの項目に注目し、失敗のない副業をスタートさせたいですね。他にも、副業の事実をペラペラと口外しない事も重要ポイントです。

 

 

SNSで拡散なんてもってのほか!なるべく目立たない様にしましょうね。